レーシック用語集 【 ま行 】

マイクロケラトーム

マイクロケラトームとは、レーシック手術の際に、フラップ作成のため角膜を削る装置です。
マイクロケラトームでのレーシック手術は、網膜への負担が大きかったり、厚めのフラップになるので、
角膜の強度が落ちやすかったりする問題も抱えています。

マーキング

マーキングとは、フラップを作成した際に、後で元の位置に戻すために目印をつけることです。

網膜

網膜とは、眼球の奥にある膜のことで、外界の光を受け焦点を結ぶ場所です。
焦点が前方や後方で像を結んでしまう状態が近視や遠視です。

網膜剥離

網膜剥離とは、色素上皮層から神経層が剥れて硝子体中に浮き上がってしまい、
視力や視野に障害を起こしてしまう眼の病気のことです。
初期症状として、眼の前に蚊のようなものが飛んで見える飛蚊症が発症し、
放っておくと失明する危険性もあります。

網膜裂孔

網膜裂孔とは、網膜が眼の内部組織である硝子体が老化や近視などにより縮んでしまい、
網膜も一緒に引っ張られて、孔が開いてしまう症状のことです。
網膜剥離に進行する危険性があります。

毛様体

毛様体とは、眼球の水晶体の厚みを伸縮させ、眼に入ってくる光の屈折度を調節し、
網膜に焦点を合わせる働きをもつ組織のことです。