レーシック用語集 【 あ行 】

アイトラッカー

アイトラッカーとは、安全なレーシック手術を行うために、
レーザー照射中に自動で眼球の動きを追いかけて、
角膜の中心にレーザーを照射する装置のことです。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、花粉やハウスダストなどのアレルギー反応で、
結膜が炎症を起こしてしまい、目のかゆみや充血などの症状が発生する病気です。

イントラレーシック

イントラレースFSレーザーでフラップを作成するレーシック手術方式です。
マイクロケラトームレーシックとは違い、金属刃を使用しないため、
ノーブレードレーシックとも呼ばれています。
コンピュータ制御のレーザーでフラップを作成できるため、
正確な薄いフラップを作成できます。

インフォームドコンセント

インフォームドコンセントとは、医師や看護士などから、
これから始める治療内容・治療効果・費用等の説明を受け、
患者が納得した上で同意を得ることです。

ウェーブフロントアナライザー

ウェーブフロントアナライザーとは、ウェーブフロントレーシック手術を行うために、
角膜や水晶体の収差を解析するための機械です。

ウォッシュボードエフェクト

ウォッシュボードエフェクトとは、
フラップ作成時にフラップ削除面が洗濯板のように波状形になることです。

エキシマレーザー

エキシマレーザーとは、
紫外線領域の波長の短いレーザーで、生体組織に熱変性を起こすことなく、
コンピュータ制御により角膜や角膜などを正確・安全に切除できるレーザーです。
レーシックなどの屈折矯正手術などで使用されています。

エピケラトーム

エピケラトームとは、レーシック手術方式の一つで、
従来のレーシックよりフラップを薄く作成でき、レーシックの適応範囲が広く、
角膜が薄い方でも適応できる場合があります。
手術後は、目を守るため、保護用コンタクトを着けなければなりません。

遠視

遠視とは、目に入ってくる光線が正常に屈折せずに網膜の後方で焦点を合わせてしまい、
正常に像が見えない状態のことです。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、
特殊なコンタクトレンズを装着し、角膜の形状を変えることにより、
コンタクトレンズを外した後の裸眼視力を回復させるための近視矯正治療の一つです。