自称眼科医を見抜くために

自由診療に分類されるレーシックなどの高額な医療行為を行うクリニックでは自称眼科医が多いことは説明したとおりです。

眼科医の業界では、自称眼科医と経験と実績がある眼科医を区別するために「眼科専門医制度」というものがあります。

眼科の現場で5年以上の経験を積んだ医師は、皆、この認定カードがありますので、担当医が眼科専門医であるか聞くのも医師選びの方法です。

また、レーシックは安全性が高いものの失敗があり、思った成果がなく後遺症に悩まされている人もいることやむやみに手術を勧めないというのも大切なポイントになります。

むやみやたらにレーシックの手術を勧めてくる眼科医の裏事情とは?

レーシックを行う機械は1台数千万円もする非常に高価なものです。当然これらの機械は借金をして購入しているのがほとんどなので、借金返済のためには手術数をこなさない限り利益がなかなかでないということがあります。

ただでさえ、広告費にもお金をかけているわけですから、わざわざクリニックに来てくれたお客に対して、安易に手術を勧めるところも多いのです。

角膜の厚さがレーシックには不適応の厚さにも関わらず、手術を強行してしまうこともあるといいます。

眼科医でもまだまだレーシックに関しては賛否両論があり、ほどんどの眼科医がメガネやコンタクトレンズで視力を矯正できるうちは手術の必要はないといいます。

日本眼科学会認定眼科専門医の氏名は以下のサイトで公開されています。
http://www.nichigan.or.jp/senmonlist/map.jsp

あなたの担当医が眼科専門医かどうかはある程度検索可能なので調べてみましょう。