レーシックが向かない方

レーシックの向かない方

レーシックはほとんどの方が受けられますが、一部レーシックに向かない方もいます。
レーシックを受けることを検討されている方は、自分が該当しているかどうか、医院で診察を受ける前にチェックしてみてください。

■目に疾患をお持ちの方やレーシックに適さない内科的疾患がある方はレーシックを受けられません。
妊娠中の方や未成年の方は、一般的に時期を過ぎればレーシックを受ける事ができますが、自分が該当しているかどうかチェックしてみてください。

<< 年齢的に適さない方 >>
◆未成年
未成年の方は、まだ成長段階であるため視力が不安定です。そのため、レーシックを受けたとしても視力がすぐに低下する可能性があります。
※医師と相談した上、保護者の承諾があれば手術を受けられる場合があります。
◆高齢者
高齢による老眼の場合、レーシックでは視力回復できません。また、加齢による白内障を起こしている場合も、レーシックを受けられない可能性があります。
※検査を受けて問題がなければ、手術を受けることができます。

<< 職業的に適さない方 >>
◆運転手・格闘家など
目を負傷する可能性のある職業(格闘家など)の方や、術後の一時的な症状などが職務の妨げとなる職業(パイロット・運転手など)の方は、レーシックを受けられません。
※ 運転やボクシングなどを趣味としている方も、必ず医師にご相談下さい。

<<疾病により適さない方>>
◆眼の疾患(白内障・緑内障・網膜はく離・結膜炎など)の方
手術への大きなリスクが伴うため、レーシックを受けることができません。
◆内科的疾患(糖尿病・肝炎・膠原病など)の方
疾病の影響で角膜の再生・治癒が遅いため、レーシックを受けることができません。

<<その他>>
◆妊娠中・授乳中の方
◆角膜異常の方(円錐角膜・角膜の薄い方)
◆角膜内皮細胞の減少している方(長年コンタクトレンズを使い続けた方に多くみられる)