レーシック治療のリスク

レーシックのリスク

レーシック手術は、視力回復するための画期的な治療法といわれていますが、レーシック手術がまったくリスクがないわけではありません。また、どんな手術でもリスクはあります。そして、前もってリスクを理解しておくことが大切といえるでしょう。
ここでは、レーシックのリスクについてお伝えします。

コントラストの低下
見えている映像の質が 若干低下しているような感じに見える症状のことです。映像の濃淡の違いが微妙に区別がつきにくくなる場合がありますが、日常生活おいては問題ありません。強い近視の方がレーシック治療の後に このような状態になる場合があります。

ハロー・グレア現象
明るい光の周りにぼんやりと光の輪がかかっているように見えたりする(ハロー現象)ことや明るい光がまぶしく感じたり(グレア現象)する症状のことです。レーシック治療の後、約半数の方がこれらの症状を訴えますが、時間の経過(約半年以内)とともに回復してきます。

ドライアイ
術後3ヵ月程度はドライアイの症状がでることがあります。それは、レーシック手術中、角膜を切ることにより神経が遮断され、角膜表面が乾くためです。目薬で症状を緩和することができます。

感染症
レーシック治療後の角膜の傷口より細菌などが入り角膜が感染する場合があります。
軽い状態の場合、点眼薬で回復しますが、重度の場合、角膜移植が必要になります。