レーシックとは

レーシックとは何?

レーシックとは、レーザー装置を使って目の角膜の形を変え、近視などを手術によって治してしまおうという治療法のことです。 「目の手術」というと、何だか怖いイメージがありますが、年々技術は進歩しています。手術自体はものの10~20分程度で終わりますし、手術中の痛みもほとんどありません。また、早い人だと手術終了直後から、遅い人でも手術翌日からよく見えるようになるのが一般的です。

アメリカでレーシックが行われたのが1990年代半ばから、日本では2000年頃からおこなわれるようになりました。 特にレーシック先進国のアメリカでは、毎年100万人以上の人がレーシックを受けています。まさに歯医者で虫歯を治療するのと同じくらい気軽な感覚でレーシックを受けているといわれています。

日本では、厚生労働省によるレーザー装置の認可がアメリカより遅かったせいもあって、まだアメリカほどもメジャーにはなっていませんが、それでも年間数万人がレーシック手術を受けています。
今後は日本でも、「近視はメガネやコンタクトレンズで矯正するもの」という考えから、「近視は手術で治すもの」という考えに変わっていくと思われます。